著作権には注意する

著作権があるなら勝手に使えない

オリジナルTシャツを作るときに、有名な漫画のキャラクターや高級ブランドのロゴを使いたいと考える場合もあるでしょう。しかし、それらには著作権が存在しているため、権利者に無断で作成することは法律で許されていません。違反してしまうと、罪に問われてしまう可能性があるので、Tシャツを作りたいのならオリジナルのデザインを用意しましょう。ちなみに、オリジナルTシャツを作成してくれる業者では、著作権に問題があるデザインでは印刷を受け付けてくれない場合が多いです。中には印刷してくれる業者もありますが、注文を受け付けてくれるからといって、それで著作権がクリアになったわけではありません。問題になったときに攻められるのは自分なので、注文を受け付けてくれるのだとしても頼まないようにしましょう。

どうしても作りたいなら許可を取る

好きな漫画やブランドが、Tシャツを販売していないため、どうしても作成したいと考える方もいるかもしれません。そのときは、著作権を持っている会社や個人などに連絡をして、許可を得られないか確かめることをおすすめします。条件次第では許可をだしてもらえる可能性があるので、駄目で元々と考えて連絡を取ってみましょう。なお、漫画やブランドのパロディTシャツを作成するときも、著作権を持つ方に連絡をしなければいけません。パロディであっても元ネタが分かるようならば、著作権が問題になるので注意しましょう。人のデザインを少しでも借りるというのなら、著作権が問題になるかもしれないと考えて、予め許可を取ったほうが安心できます。

イベント時などに頼りになるのが、tシャツプリントを激安で仕上げてくれる業者です。専門業者であれば、小ロットから大量注文まで臨機応変に対応してくれるので頼もしい味方と言えます。